News

にいがた市民大学「日本酒学への招待」を開講しました

6月4日からにいがた市民大学「日本酒学への招待」を開講いたしました。
日本酒を多角的に学ぶというコンセプトに基づき、県内外の第一線でご活躍されている日本酒研究者、実務家の方々を講師にお迎えして、受講者は日本酒の奥深さに、熱心に耳を傾けていました。

にいがた市民大学「日本酒学への招待」
新潟市教育委員会 新潟市生涯学習センター
2019年6月4日~2019年8月6日(10回)、火曜日 午後7時~9時
定員:85名(申込多数の場合抽選)

日にち 内容 講師・担当
第1回 6月4日 イントロダクション 〜「日本酒学」について〜 新潟大学農学部 教授 鈴木一史
第2回 6月11日 人と酵母の不思議な関係 新潟大学理学部 教授 西川周一
第3回 6月18日 酒の基本はコメの質! 〜究極の酒米誕生秘話〜 新潟県農業総合研究所 作物研究センター 育種科長 小林和幸
第4回 6月25日 日本酒の製造方法の基礎 〜造り手がもたらす味の変化〜 新潟県醸造試験場 場長 金桶 光起
第5回 7月2日 日本酒の文化・歴史 〜各地を醸す日本酒探訪〜 (株)酒文化研究所 第一研究室室長 山田聡昭
第6回 7月9日 日本酒の流通・販売最前線 レルヒ(株) 代表取締役社長 髙村秀夫
第7回 7月16日 世界を酔わせる「SAKE」! 〜日本酒の輸出事情〜 日本酒輸出協会 会長 松崎晴雄
第8回 7月23日 日本酒の美味しさと評価法 〜「美味い酒」と呼ばれる理由 日本酒造組合中央会 理事 宇都宮仁
第9回 7月30日 【第一部】色・香り・味で感じる日本酒の質 〜晰き酒ベーシック〜【第二部】晰き酒体験(希望者のみ) 新潟県醸造試験場 場長 金桶 光起
第10回 8月6日 コンクルージョン 〜日本酒の新しい楽しみ方〜 新潟大学経済学部 准教授 岸保行