News

映像コンテンツ「令和4年度 新潟発!知のツーリズム『日本酒学(Sakeology)』文化体験プログラム」を制作しました

日本酒学センターでは、文化庁の推進する「日本博」事業の一つである、令和4年度「日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業(イノベーション型プロジェクト)」の助成を受けて、日本酒にまつわる歴史・文化と酒造りを分かりやすく伝えるために、視覚に訴える映像制作を行いました。
室町時代後期の絵巻物『酒飯論絵巻』をアニメーション仕立てで楽しむことができる「古典文芸に描かれた日本の酒―文化庁本『酒飯論絵巻』より―」や、牛木辰男 新潟大学長がイラストを担当され、牛木学長並びに西田郁久 特任助教が出演された「酒造りミクロツアー」など、魅力あふれる映像コンテンツ4作品を公開しています。
英語バージョン(字幕またはナレーション)も制作していますので、併せてぜひご覧ください。

映像は日本酒学センター公式YouTubeチャンネルよりご視聴いただけます。
【映像コンテンツ詳細】

1.「新潟の料亭と醸造の町_360°映像」
新潟市古町エリアにある料亭(鍋茶屋、行形亭)や、醸造の街として知られる長岡市摂田屋エリアを、360°VR映像として実際に足を運んだ時と同様に体験ができる作品です。

2.「古典文芸に描かれた日本の酒文化庁本『酒飯論絵巻』より」 
16世紀前半に制作され、現在は文化庁が所蔵する『酒飯論絵巻』に描かれた、当時の人々の飲食・宴会の風景や厨房の様子、そして酒文化の広がりをわかりやすく解説しています。
絵巻物の中の登場人物たちが動き出す、見ているだけでも楽しい映像作品です。

3.「酒造りミクロツアー」 
日本酒造りをミクロの世界で体験できる作品です。
登場するイラストは牛木辰男 新潟大学長自らが描かれたもので、日本酒造りのサイエンスを楽しく学ぶことができます。

4.「日本酒と米」 
日本酒造りの始まりとも言える米作りについて、肥料の観点から米の収穫量と品質、酒質への影響などを解説しています。
こちらは令和2年度に制作した「日本酒学初級コース・ダイジェスト版」の追加コンテンツです。

「酒造りミクロツアー」 作画:牛木辰男 新潟大学長

 

〇関連記事
令和4年度 日本博事業に採択されました