News

日本酒学センターの特任教員、協力教員が分担執筆した書籍『米の機能性食品化と新規利用技術・高度加工技術の開発』が出版されました

日本酒学センターの下記特任教員、協力教員が分担執筆した書籍『米の機能性食品化と新規利用技術・高度加工技術の開発 -食糧,食品素材,機能性食品,工業原料,医薬品原料としての米-』(監修:大坪研一(新潟薬科大学 応用生命科学部 応用生命科学科 特任教授))が、2022年3月6日に株式会社テクノシステムより出版されました。
ぜひご覧ください。

 

第3章 第8節 第3項「米作りと酒造りのつながり -米由来の日本酒成分に着目した考察-」
宮本託志 日本酒学センター 特任助教

第4章 第3節 第1項「飼料用米を活用した鶏肉の品質特性」
藤村忍 農学部 教授/日本酒学センター協力教員

第4章 第4節 第2項「米糠由来ペプチドの美容への応用」
落合秋人 工学部 准教授/日本酒学センター 協力教員   ほか

第5章 第1節 第3項「高温耐性イネの開発」
三ツ井敏明 農学部 教授/日本酒学センター 協力教員