News

岸保行 副センター長が「2022 Miss SAKE ナデシコプログラム」で講師を務めます

日本酒学センターの岸保行 副センター長が、6月18日(土)開催の「2022 Miss SAKE ナデシコプログラム」で講師を務めます。

「Miss SAKE」は、日本・世界に向け、日本酒とそれらを取り巻く日本文化の魅力を伝えるアンバサダーの役割を担っています。一般社団法人Miss SAKEが主催する選考会にて毎年選出され、「2022 Miss SAKE」は7月4日(月)の最終選考会にて決定されます。本活動は今年で9年目になります。

「2022 Miss SAKE ナデシコプログラム」は、最終選考会出場のファイナリスト(約20名)がより魅力的な人物となるよう、ファイナリストを対象に実施される特別カリキュラムです。

「Miss SAKE」の詳細は下記URLをご覧ください。
 https://www.misssake.org/

「2022 Miss SAKE」ファイナリスト