News

令和3年度第6回日本酒学セミナー「高温登熟耐性酒米の新品種作出の取り組み」を開催しました

2022年3月3日に日本酒学センター 協力教員の三ツ井敏明 教授(農学部)による令和3年度第6回日本酒学セミナー「高温登熟耐性酒米の新品種作出の取り組み」を開催しました。
酒米が環境ストレス(乾燥・高温・高CO2)に弱いこと、高温登熟による酒米品質の影響、そして高温登熟耐性を改善した酒米の新品種 (Koshitanrei Sdr4-k) についてご紹介いただきました。


令和4年度第1回日本酒学セミナーは2022年5月を予定しています。
※「日本酒学セミナー」は新潟大学内の教職員向けセミナーです。