News

令和3年度第4回日本酒学セミナー「どのようにして消費者の日本酒評価データを集め分析するか」を開催しました

2021年11月15日に日本酒学センター協力教員の山崎達也 教授(工学部)による令和3年度第4回日本酒学セミナー「どのようにして消費者の日本酒評価データを集め分析するか」を開催しました。
多数の消費者の日本酒評価データを客観的データとして蓄積し、背景情報を含めた主観的データとの比較により、個人の好みに合ったお酒を提案するサービス提供を目指した研究について、ご紹介いただきました。

令和3年度第5回日本酒学セミナーは令和4年1月17日を予定しています。
※日本酒学セミナーは新潟大学教職員を対象としたセミナーです。