新潟大学 研究推進機構附置 新潟大学日本酒学センター 平成30年4月設置

日本酒学の仕組み

日本酒学に関わるつの取り組み

新潟県、新潟県酒造組合、新潟大学による日本酒学の構築

 2017年5月9日、日本酒に係る文化的・科学的な広範な学問分野を網羅する「日本酒学」の構築について、国際的な拠点の形成とその発展に寄与することを目的として、新潟県、新潟県酒造組合、新潟大学の3者で連携協定を締結しました。  新潟大学では、この協定に基づき研究推進機構附置新潟大学日本酒学センターを設置します(平成30年4月)。総合大学である強みを生かし、広範な研究・教育分野(全学部)から教員が参加する形で本センターを運営します。さらには学外メンバーとして新潟県、新潟県酒造組合が参加し、3者の力を結集することで、日本酒に係る「教育、研究、情報発信、国際交流」に関する事業を展開します。

日本酒学センターについて詳しく

日本酒学(Sakeology)とは

日本酒学とは

「日本酒学」とは、広範な学問を網羅する「対象限定・領域横断型」で、日本文化や伝統に根差した日本酒に対象を絞った世界初の学問領域です。

日本酒の歴史

教育においては、日本酒に関連する領域横断的な体系的理解を進め、座学のみならず、実習や演習を取り入れた主体的な問題解決型の学びを提供します。

日本酒の原料となる米

取り扱う対象は、原料(水・酒造好適米等)や微生物から醸造・発酵の知識と技術、そして日本酒が消費者の手に届くまでの流通や販売、マーケティングに関する領域、

日本酒の開発や市場の調査

さらには醸造に関連する気候や風土、地理的表示保護制度(GI)などの地域性に関する領域、歴史や酒税、醸造機器、日本酒のたしなみ方や健康との関わりなど、日本酒に関連する多岐にわたる領域となります。

日本酒にまつわるすべての領域

研究に関しては、従来の清酒の関連領域であった、醸造学や発酵学のみならず、日本酒に関連した分野を対象とし、その研究成果を広く国内外に発信します。
日本酒に特化した体系的な科学(「日本酒学(Sakeology)」)の構築を目指し、新潟大学が世界初の日本酒学の拠点となるために活動していきます。

日本酒学の専門領域

上記、専門領域の内容は一例ですが、

総合大学である新潟大学の強みを生かした、「領域横断型の学び」

酒造会社や酒販店での実習や演習を取り入れた「主体的な問題解決型の学び」

を提供することで
従来の醸造学・発酵学にとどまらない幅広い視点をもち、
日本の伝統的文化である日本酒を多角的に学ぶことで、
その知識・教養を身に付け国内外に発信できる国際的人材を育てます。