情報発信

2019年2月12日 - 2月13日

日本酒学B開講

平成30年4月から始まった「日本酒学」の学びの総括となる「日本酒学B」が平成31年2月12日(火)、13日(水)に開講されました。

「日本酒学A-1, A-2」では約300名の学生が受講しましたが、日本酒学の実践編として構成された「日本酒学B」は「日本酒学A-1, A-2」を履修した20歳以上の学生を対象に行われました。募集定員の30名を超える聴講希望があったため、聴講者は抽選となりました。
1日目は、新潟県醸造試験場(新潟市)において金桶光起場長ならびに佐藤圭吾専門研究員、栗林喬主任研究員からのきき酒に関する講義を受けたのち、実際にきき酒に挑戦しました。2日目は場所を今代司酒造株式会社(新潟市)に移し、実際にお酒を作っている酒蔵内を高杉修杜氏にご説明いただき見学したのち、新潟県酒造組合の近藤伸一副会長からの「日本酒からの地域活性化」の講義、さらには平田大副会長から「日本酒のマナー」について学びました。ディスカッションでは、大平俊治会長にも加わっていただき、新潟清酒の海外展開から、日本酒を活用した地域活性化、杜氏制度の歴史、新商品の開発まで幅広い観点について学生から質問が寄せられ、活発な議論がおこなわれました。最後に、今代司酒造の田中洋介社長、金桶光起場長から日本酒とペアリングの実習講義がおこなわれ、実際にチーズとスルメを食べながら日本酒との食べ合わせについて学びを深めました。
受講した学生は熱心に講義、実習、ディスカッションに参加していました。
初となる「日本酒学」の講義が終了しました。来年度もさらにパワーアップして日本酒学を開講する予定です。

2019年1月11日

市民向け公開講座「日本酒学ことはじめ」開講

全国的にも高い注目を集めている「日本酒学」の市民向けの講座として、“日本酒の奥深さを多角的に学ぶ”を目的に、平成30年11月から公開講座「日本酒学ことはじめ」を開講しました。この企画には、当初より高い関心が寄せられ、申込開始からわずか2日で定員に達するなど注目を集めました。

平成31年1月11日(金)には、全8回にわたって開催された同講座の最終回として「利き酒の基礎」が行われました。日本酒の香りや味の要素からバランスや特徴を判断する「分析型評価法」と、日本酒を楽しみながら飲むための「嗜好型評価法」などについて説明された後、学んだ内容の実践の場として、県内酒蔵の日本酒4銘柄を使った試飲が行われました。

受講生からは、「奥が深く、日本酒に関する研究を様々な観点から体系的に学ぶことができた」「産官学が一体となった取り組みを、新潟から世界へ発信していただきたい」などの感想が聞かれ、盛況のうちに終了しました。

2018年11月15日 - 12月25日

文部科学省にて「新潟大学『日本酒学』体験講座」を開催しました

平成30年11月15日から文部科学省新館2階エントランスにおいて、「地方総合大学の強みを活かした、新たな学問分野『日本酒学』の確立と地域創生の取り組み」をテーマとした展示を行いました。
さらにその一環として、12月17日(月)に「新潟大学『日本酒学』体験講座」を文部科学省で開催しました。当初、2回開催で各回30名の定員で募集したところ、延べ約200人の応募があり大変反響が大きかったため、急遽定員を各回80人に増やしての開催となりました。
昼の部では、髙橋姿学長の挨拶の後、日本酒学センターメンバーで農学部の鈴木一史教授による「日本酒学のコンセプト」、同じく経済学部の岸保行准教授から「日本酒の国際展開」、同じく農学部の藤村忍教授と教育学部の山口智子准教授による「日本酒と食」、さらには新潟県酒造組合の大平俊治会長による「日本酒学への期待」、新潟県醸造試験場の金桶光起場長から「新潟清酒の特徴、試飲」についての講演をいただきました。夜の部では昼と少し内容を変え、新潟県酒造組合の平田副会長による「新潟清酒の地域性、製造方法」、日本酒学センターメンバーで歯学部の岡本圭一郎准教授による「日本酒と健康」についての講演が行われました。
各回最後に行われた「新潟清酒の特徴、試飲」では、金桶場長からきき酒の基礎を学んだあと、3種類の新潟清酒を試飲し、それぞれの銘柄の香りと味を確かめました。
会場では熱心にメモをとる受講者の方の姿が多く見受けられ、質問も出るなど、日本酒学への関心の高さが伺えました。

2018年 9月 28日

新潟大学地域懇談会(佐渡)を開催しました!

新潟大学は,平成30年9月28日(木),佐渡市金井コミュニティーセンターで,大学の研究成果を広く社会に還元することを目的に,新潟大学地域懇談会(佐渡)を開催しました。この取り組みは平成19年から毎年行われ,今年で13回目の開催となります。講演会には,地元企業の経営者ら約30名が参加しました。 講演会では,農学部 鈴木一史教授より「新潟大学日本酒学の取り組み-その経緯と現状-」,経済学部 岸保行准教授より「新潟大学日本酒学の発展可能性-国際的な拠点形成に向けて」というテーマで講演を行われました。参加者からは、「日本酒を通じて、新潟の魅力の再発見につながった」、「新潟の特色を活かす良い取り組みだと思う」との感想が寄せられ、講演会終了後も参加者から多くの質問があるなど,大変盛況のうちに開催されました。 本学では,今後も地域懇談会を開催し,研究成果を社会の発展に資するべく取り組みを進めてまいります。

2018年 8月 3日

日本酒学シンポジウムを開催

平成30年8月3日、ワインの世界的産地として名高いフランス・ボルドーから、ボルドー大学ブドウ・ワイン科学研究所のパトリック・ルーカス教授をお招きし、ボルドーの研究所設立の経緯や研究内容などについて、特別講演を開催しました。 また、日本酒学センター教員らによる「日本酒」に関する研究内容についても発表いたしました。当初予定の定員を上回る約270名の参加がありました。

2018年 6月 21日

外務省 地域の魅力発信セミナーに参加

外務省主催の『地域の魅力発信セミナー』は、地方自治体等が駐日外交団等に対して地域の施策や魅力をアピールする場として設けられています。新潟県、新潟県酒造組合および新潟大学は連携して参加し、駐日外交団等に日本酒学の取組を紹介しました。その後、外交団との懇談・自由交流の場が設けられ、ブースにおいて新潟清酒の試飲を実施しました。

2018年 3月10日 - 11日

にいがた酒の陣2018で,セミナー「新潟大学「日本酒学」の取り組み」(経済学部・岸保行,農学部・鈴木一史)を開催しました。また酒の陣開催中,パネルを展示してセンターの紹介を行いました。

2018年 3月 9日

3月9日(金)朱鷺メッセ(新潟市中央区)にて,新潟県酒造組合,新潟県とともに設立記者会見を開催しました。
記者会見終了後は,独立行政法人酒類総合研究所理事長の後藤奈美氏による「日本酒の魅力と可能性―日本酒学に期待して―」と題した講演を行い,約150人の参加者は興味深く耳を傾けていました。
新潟大学ニュースへ