Research

健康

アルコール摂取と糖尿病を含む各種疾患に関する研究

【研究概要】

糖尿病は、インスリンというホルモンの働きが悪くなり、血液中のブドウ糖の濃度である血糖値を下げられず、高い状態が続く病気である。血糖値が高い状態が続くと、全身に様々な合併症を引き起こす。
私達のグループでは、ビッグデータを用いて、糖尿病とその合併症を含む多くの疾患と、適度な飲酒・アルコール摂取との関連を見出し、疾患予防や健康増進に有用となるエビデンスを創出する。

Fig.1日本酒学と内分泌代謝学・糖尿病学を中心とする臨床医学との関連

【チームメンバー】

日本酒学センター・特任助教 山本 正彦
医歯学系(医学部)・教授 曽根 博仁

【主要論文】