教育

日本酒学開講

講義概要

日本酒学A-1(基礎) 定員300名(平成30年度)

第1ターム、週1回1単位(水4限) 担当者(所属)
日本酒学の成り立ち
 ~新潟大学「日本酒学」と新潟清酒業界の取り組み~
高橋均(新潟大学・理事)
大平俊治(新潟県酒造組合・会長)
日本酒とは①
~米から醸される世界の酒~
平田大 (新潟県酒造組合・副会長)
鈴木一史 (新潟大学農学部・教授)
日本酒とは②
~製造方法の基礎~
金桶光起 (新潟県醸造試験場・場長)
城斗志夫 (新潟大学農学部・教授)
日本酒の地域性 金桶光起 (新潟県醸造試験場・場長)
日本酒のマナー 渡辺英雄 (新潟大学法学部・助手)
村山和恵 (新潟青陵大学短期大学部・助教)
[ゲストスピーカー]
日本酒の歴史 後藤奈美(酒類総合研究所・理事長)
日本酒と料亭・花街の文化 岡崎篤行(新潟大学工学部・教授)

日本酒学A-2(発展) 定員300名(平成30年度)

第2ターム、週1コマ1単位(水4限) *日本酒学A-1の履修を前提 担当者(所属)
日本酒と食 ~フードペアリング、官能と科学~ 伏木亨 (龍谷大学・教授)
アルコールと脳 武井延之 (新潟大学脳研究所・准教授)
日本酒と税金 出村仁志 (新潟大学経済学部・教授)
遠山秀治 (関東信越国税局・酒類業調整官)
[ゲストスピーカー]
日本酒の経済学・経営学 伊藤亮司 (新潟大学農学部・助教)
岸保行 (新潟大学経済学部・准教授)
日本の酒類のグローバル化 ~日本酒とビール・ウイスキーとの比較~ 都留康 (一橋大学・教授)
日本酒と健康 伊豆英恵(酒類総合研究所・主任研究員)
日本酒の英語プレゼンテーション Andrew WHITAKER(新潟大学農学部・准教授)
田中洋介 (今代司酒造(株)社長)

日本酒学A 講義の様子

  • 日本酒学センター長 髙橋均 理事
  • 新潟県酒造組合 大平俊治会長

日本酒学B(実践) 定員30名(平成30年度)

集中講義 第4ターム終了後 *20歳以上限定 日本酒学Aの受講必須 担当者(所属)
きき酒基礎編 官能検査法ときき酒の理論 金桶光起 (新潟県醸造試験場・場長)
佐藤圭吾(新潟県醸造試験場・専門研究員)
栗林喬 (新潟県醸造試験場・主任研究員)
きき酒基礎編 におい、アルコール、日本酒度、甘味、酸度の識別
きき酒応用編 マッチングによる香味特性の記憶と識別
日本酒からの地域活性化 ~農業から酒蔵ツーリズム~ 近藤伸一 (新潟県酒造組合・副会長)
平島健 (新潟県酒造組合・副会長)
金桶光起 (新潟県醸造試験場・場長)
県内酒蔵での実習
ディスカッション
日本酒のマナー

最新の講義情報はシラバスを参照ください。
新潟大学シラバス検索のサイトから「日本酒学」で検索してください。

公開講座

今後の「日本酒学」公開講座の予定

新潟大学公開講座
2019年秋開講を予定しております。8月末ごろに新潟大学のホームページにてご案内の予定です。

にいがた市民大学「日本酒学への招待」
新潟市教育委員会 新潟市生涯学習センター
2019年6月4日~2019年8月6日(10回)、火曜日 午後7時~9時
定員:85名(申込多数の場合抽選)
申込期間:~2019年5月7日(火)※状況により延長することがあります。
お問い合わせ:にいがた市民大学事務局(新潟市生涯学習センター)
問い合わせ電話番号:025-224-2088
≪市民大学ホームページ≫

まちなか大学講座「日本酒学出張講座inまちキャン」
まちなかキャンパス長岡
2019年8月29日~2019年9月26日(5回)、木曜日 午後7時~8時30分
定員:30名(先着)
申込期間:~2019年7月10日(水)〜8月28日(水)
お問い合わせ:まちなかキャンパス長岡
問い合わせ電話番号:0258-39-3300